JGC女子が世界を旅する

JGCを取得しようとJALに乗りまくっていたら、その年から何故か連続でダイヤモンドメンバーを継続している女子の旅行記と雑記です。

ペルヘンティアン島への行き方!コタバル空港から編

スポンサーリンク

こんにちは、JGC女子です。

 

コタバルに来る観光客はその先を目指す人が多いです。

特にペルヘンティアン島

プルフンティアン島、パーヘンティアン島、ペルフェンティアン島など色んな呼び方があるようですが、ここではペルヘンティアンで統一したいと思います。

 

2019年GWに、クアラルンプール〜コタバル空港を経由してペルヘンティアン島に行きましたので、行程レポです。

 

車でクアラブスッ港というフェリー乗り場へ行き、そこから船で島まで行く、というのはどの手配手段でも同じです。

 

クアラトレンガヌ空港からもクアラブス港まで行く事が出来ますが、コタバル空港から行くより2倍ほど時間がかかるため、今回は断念しました。

 

コタバル空港〜ペルヘンティアン島への道

 

f:id:jgcjoshi:20190527233449j:image

コタバル空港に到着すると、荷物のターンテーブルにウエルカム!の看板が。

荷物を取ったら、1つしかない出口を出ます。


f:id:jgcjoshi:20190527233421j:image

出るとすぐ、ここにペルヘンティアン島行きのタクシーと船の手配をしてくれるカウンターがあります。

何も事前手配していない方はここに寄ると島までの交通手段(車+船)が手配できます。

私は事前にメールのやり取りで宿泊先ホテルに空港からの送迎を頼んでおいたので、出口でお迎えの方と合流しました。


f:id:jgcjoshi:20190527233500j:image

コタバルの街はこんな感じ。田舎町といった感じですね。


f:id:jgcjoshi:20190527233440j:image

でもこんなアートがあったり。田舎町にいきなり現れるとオッ!ってなる。


f:id:jgcjoshi:20190527233508j:image

バンに揺られて45分程度でクアラブス港に到着しました。なんか中華っぽいカラー…?


f:id:jgcjoshi:20190527233452j:image

いくつか旅行代理店や、島の大きなホテルのカウンターがあります。

私はペルヘンティアンアイランドリゾートに宿泊するのでホテルのカウンターへ。

自分が行くべきカウンターは運転手さんが教えてくれると思いますが、分からなくなったらその辺の代理店に入って聞けば教えてくれるはずです。

実際私も間違えて入ってしまい、こっちだよーと連れて行ってもらいました…しかもその人結構日本語話せる!少しお喋りさせてもらいました。クアラブスにも日本語わかる人いるのね。

 

で、もともと14時のボートを予約していたのですが、11時の便でも間に合うとの事で変更してもらいました。

お土産屋さんと数件のレストランしか無いので、時間を潰すのはちょっとキツイよね。


f:id:jgcjoshi:20190527233503j:image

よく見たら上にも下にもホテル名書いてありました。


f:id:jgcjoshi:20190527233457j:image

こんな感じのお土産屋さんがいくつか。

必要なものはここで買ってから島に行くのもいいと思います。島は物価が高いので。


f:id:jgcjoshi:20190527233424j:image

さて、出港だよ!と呼びにきてくれたのでボートに向かいます。


f:id:jgcjoshi:20190527233444j:image

雰囲気出てきてる!


f:id:jgcjoshi:20190527233427j:image

船に向かう前に窓口でペルヘンティアン島の入島料を支払います。

外国人はRM30。結構するよねー。


f:id:jgcjoshi:20190527233521j:image

乗り場手前。


f:id:jgcjoshi:20190527233417j:image

乗り場はこんな感じ。


f:id:jgcjoshi:20190527233430j:image

ボートに案内されます。


f:id:jgcjoshi:20190527233511j:image

自分で荷物持って降りる。そして荷物と共に乗る。ほぼセルフサービスです。この船は10人くらいと自分たちの荷物しか乗れません。


f:id:jgcjoshi:20190527233433j:image

島見えてきた!

実はこの船、すごい上下にバウンドして揺れるので、写真とか撮ってる場合じゃないです。

バンバン打ち付けられてお尻痛い!

 

あと、酔いやすい方は酔い止め薬飲んでから挑んだ方がいいです。

私かなり船酔いしやすいのですが、これ飲んでから乗ったらノーダメージでした。

【第2類医薬品】トラベルミンR 6錠

【第2類医薬品】トラベルミンR 6錠

 

眠くなりにくいトラベルミンR。このRという種類のは、ドラッグストアでも殆ど売ってないんです。


f:id:jgcjoshi:20190527233517j:image

もう着く!海の色違う!テンション上がる!

 

 

f:id:jgcjoshi:20190527233645j:image
船のバウンドに耐え20分くらいで到着!

このホテルは桟橋があるので足元濡れずに到着できます。

他のホテルに泊まっている方は桟橋が無ければ海中に降ろされるらしいので、ビーサンなどを準備した方が良いですね。

 

次回はホテルとビーチのレポです。