JGC女子が世界を旅する

JGCを取得しようとJALに乗りまくっていたら、その年から何故か連続でダイヤモンドメンバーを継続している女子の旅行記と雑記です。

【購入レビュー】Apple Watch Series5 44mmをゲットしたのでオススメベルト、フィルムなども一緒にレビュー。

スポンサーリンク

こんにちは、JGC女子です。

 

2019年9月に発売されたApple Watch Series5。

以前3を所持していて一旦手放したのですが、やはり欲しくなりゲットしました!

 

40mmと44mmサイズでかなり迷いましたが、私は操作性重視で44mmに。

それにゴールドなら大きいサイズでもゴツさはさほど感じません。

手首が細すぎる女性になっていまうと画面が手首から浮いてしまうので40mmが良いかと思いますが、普通体型以上なら女性で44mm、アリですよ!

ぜひお店で両方試着してみることをオススメします。

 

 

【購入レビュー】Apple Watch Series5をゲットしたのでレビュー。

 

f:id:jgcjoshi:20191006145557j:image

横長の真っ白い箱です。


f:id:jgcjoshi:20191006145521j:image

風を開けると、本体とベルトの箱が出てきます。


f:id:jgcjoshi:20191006145513j:image

本体側の箱には、カバーに包まれた本体と、


f:id:jgcjoshi:20191006145517j:image

充電磁気ケーブル、


f:id:jgcjoshi:20191006145554j:image

ACアダプタが入っています。3にはアダプタは付属していないので良いですね。


f:id:jgcjoshi:20191006145548j:image

ベルト側の箱を開けると、S/MサイズとM/Lサイズのベルトが。長さが違いますね。腕の太さによってどちらかを使用します。


f:id:jgcjoshi:20191006145606j:image

もう片側のベルトは共通なので一つだけ。


f:id:jgcjoshi:20191006145532j:image

装着しました。サイズは44mmの大きい方、アルミのゴールドです。

私は手首周りが約16cmですが、S/Mサイズのベルトで十分足ります。

文字盤はOS6からの新しい、カリフォルニアです。この文字盤はseries4以降しか使用できないようです。


f:id:jgcjoshi:20191006145536j:image

シリーズ5の特徴である常時点灯ですが、腕を上げて少しするとこのように暗い画面になります。

ですが時間は十分確認出来る程度の明るさです。


f:id:jgcjoshi:20191006145601j:image

こちらはミッキーの文字盤。常時点灯の暗い時のもの。


f:id:jgcjoshi:20191006145551j:image

腕を上げると明るくなります。

 

やはり腕を振り上げなくても時間が確認出来るのは便利です。

特にデスクワークをしているときや、電車に乗っている時などに重宝します。

逆に言うと、それ以外の機能はシリーズ4とさほど変わらないとも言えるので、シリーズ4を持っている方で常時点灯が必要なければ今回は購入を見送っても良いのでは、と思います。

動作については、3の時と遅さはさほど感じませんでしたが5になるとサクサク動いて全く問題ありません。

 

 

購入したベルトやフィルム、オプション

 

 

ベルトはイメージが変わるので重要なパーツです。

まずこちらを購入。



f:id:jgcjoshi:20191006145542j:image

なかなか良い質感です。届いたときは硬めですが、手で少し揉んであげると少し柔らかくなり装着しやすくなりました。

 


f:id:jgcjoshi:20191006145511j:image

ベルトをつけてみました。色味も合っていて違和感ありません。


f:id:jgcjoshi:20191006145530j:image

裏面はこんな感じ。

結構おしゃれな感じに見えたので購入して良かった。

 

そしてもう一つ、購入したベルトがこちら。

これのピンクバックルのネイビーを購入。

開封したら、TPU素材の本体用バンパーケースがおまけで入っていました。

このケースも悪くない代物でよかったです。

上のダミエのベルト装着画像で付いているケースがそれです。


f:id:jgcjoshi:20191006145539j:image

ベルトはこんな感じです。

少しレザーの厚みは薄めですが、その薄さ故に装着感が良く、レザーも質感は良いです。


f:id:jgcjoshi:20191006145508j:image

装着。シックな感じになりました。


f:id:jgcjoshi:20191006145526j:image

本体との色味はかなり合っていて、馴染みがかなり良いです。


f:id:jgcjoshi:20191006145503j:image

裏面はこんな感じ。

このベルトは柔らかくて軽く、着けやすいです。

おまけのケースも良いし、お得だと思います。

 

 

あと、アルミのモデルは画面がサファイアガラスではないので傷や割れが心配です。

そのためフィルムは付けた方が良いと思います。

最初にseries4用の全面保護の3Dガラスフィルムを購入したのですが浮きがひどく、全く使い物にならず捨てる羽目になりました。

 

そこで次にこちらを購入したところ、素晴らしい出来だったのでご紹介。

これはTPU素材のフィルムです。

series4からはTPU素材のフィルムのレビューが評判が良いので、TPUフィルムは初めてなので不安に思いつつ購入しましたが最高でした!

 


f:id:jgcjoshi:20191006145545j:image

とどいた商品がこちら。


f:id:jgcjoshi:20191006145603j:image

こんなセットが5枚分はいってます。

(スパチュラは1つだけ)

 

まず右上の黄色く丸いのはウォッチを固定する両面テープです。これで机とウォッチを固定します。

その後ウェットワイプ、ドライワイプで画面を拭き、フィルムを貼り付けていくのですが、スパチュラである程度空気を抜くことができます。

私が貼ったとき、直後には端に少し気泡が残ってしまったのですが翌日には完全に消えてました。

 

f:id:jgcjoshi:20191007221931j:image

こちらがフィルム装着後数日後の画像。

とにかく、貼ったのが全然わからないくらい薄くて自然です。

耐久性はまだ分かりませんが、曲面までカバーしているのに今でも浮きも無く綺麗に付いています。

これはかなり良い!

 

あと購入したのが純正の充電ケーブル。

これは旅行時などの為に購入。

Apple Watch磁気充電ケーブル(1 m)

Apple Watch磁気充電ケーブル(1 m)

 

Apple Watchの磁気充電ケーブルはケチらずに純正を購入した方が良いです。

中華製のケーブルは熱を持ったり、充電出来ないものばかりだそうです。そしてシリーズ5では全く充電できないと言う報告が相次いでいます。

それにApple純正なら1年保証付いてますし。

 

アップルのMFi認証を得ている製品ならある程度信頼できるとは思いますが、Apple Watch用は殆どありません。

 

Apple Watch Series 5、これからも毎日使い倒していきたいと思います!